お知らせ

「五月の宵祭」今年も開催!

 

2015/5/27 wed

H27宵祭ポスタ1.JPG

 

こんにちは。 (お久しぶり過ぎて・・スミマセン。)

さて、昨年ご好評でした「五月の宵祭」・・・今年も開催です!

やはり、みなさん夜も遊びたいのですねー。

うんうん、分かりますよ。だって気持ちいいですもん、春の夜って。

寒くなくて暑くもないし、いい匂いがする。

春の夜の匂いは、夏とはまた違った若草な感じで爽やかですよね。

(ねー! ・・・ぇ・・分かりづらい?)

 

今回の宵祭も、工芸作家の実演あり、心地良い音楽あり、地元食材のウマイもんあり、

お酒あり♪

 

↑トップのポスターが街の至る所に貼ってありますのでご覧ください。

中央下の方にあるオレンジ色の丁字の道が「五月の宵祭」会場です。

 

H27宵祭ポスタ2.JPG

あっぷ↑

上部に女鳥羽川が横たわっています。

で、丁字の始まり辺りが松本市時計博物館になります。

 

 < 五月の宵祭 ごがつのよいまつり > 

  開催日:H27年5月29金・30土

  時 間:17:30~21:30

 

昼間は「商店と工芸」で楽しんで、夜は宵祭で楽しんでください。

夜の本町はちょっと違いますよ。

松本の五月の宵、ぜひ楽しいひと時を♪

 

[ の ]

 

 

 

・・・詳細は下記の通り・・・

♦五月の宵祭
松本市の中心市街地の裏通りを歩行者天国にして
地元の食材や農産物、工芸の体験や実演を御用意します。
信大生さんの演奏や、地元フジゲンさんの楽器の音色も
ストリートに漂います。
 
【制作実演】
大久保ハウス木工舎(木工)|大月俊幸(織)
白沢建装店(左官)|松本みすず細工復活プロジェクト(みすず細工)
米澤ほうき工房(箒制作)|atelier m4 Inc.(木工) 他
【露店】

食蔵BASARA|MAIN BAR COAT|パントリーマルナカ

KADOKKO・株式会社井筒ワイン|産直野菜(原口さん・大槻さん)
トラットリア松本画廊|COUDO|フォレストキッチン
上生坂夢の里山の会(30日のみ)|でん道|みやちか珈琲
クール・ショコラ |本町ブース 他
【演奏】
ジョゼ・アイルランド音楽|歌(よやねま/もたい/きっか)
ふりょうさん|くっきー・りょうま・くるみんさん
アコースティックギター演奏(ウツミ) 他
 
 
 
 
≪商店と工芸2015≫
 
ある商店で3年前に開催された
ささやかな展覧会がきっかけとなって、工芸を愛する
松本 の魅力をお伝えしたいと始まった「商店と工芸」。
今年も商店主たちが様々な企画をご用意して
みなさまをお待ちしています。
 
中心となる商店での作品展示は、参加店も大幅に増え
「アノオミセノアノコウゲイ」と題して開催します。
あるお店ではそこで長く大切にされてきた工芸品を、
あるお店では現代の作り手の新作を、というように
それぞれの展示をお楽しみ頂きたいと思います。
さらに、工芸との関わりが深いお店をガイドさんと
歩いて巡るオプショナルツアーも初めて企画しました。
普段は聞く事のできないお店のお話もお楽しみに。
 
お店を出たら、伊勢町通りの交差点で開催している
「CraftedKiosk」にぜひお立ち寄りください。
クラフト作品と、路上の明るい雰囲気のなかで
気負わずに出会えるこの展覧会では、信州の
カラマツ材で作られる展示ブースにもご注目ください。
 
もちろん、昨年ご好評頂いた「五月の宵祭」も
歩行者天国エリアをさらに広くしてお待ちしております。
松本の街の新しい宵の賑わいに、ぜひいらして
頂きたいと思います。
 
町を巡って味わうことで、感じられること。
 
心地良い五月の松本で
みなさまを心よりお待ちしております。
 
 
■アノオミセノアノコウゲイ 4/29?5/31
観光でいらしてくださった方にはもちろん、
この街で暮らす方にとっても新たな発見がある。
老舗が使う銘品から、商店街イチオシ作家の新作まで
作る手を育み、愛してきた松本の商店主が
今年もさまざまな縁の工芸品を、店先で展示します。
 
【アノオミセノアノコウゲイ|先人の工芸】
1.開運堂松風庵
バイオリン時計(井筒信一)|スワンソファ(ヤコブセン)
チャイニーズテーブルとチェアー(ハンス・J・ウェグナー)
松本市開智2-3-30|0263-32-1985|10:00?17:00(お茶席は16:30)|火曜定休(祝日は翌日代休)
閲覧条件:喫茶スペースに関してはご利用の方に限り。 ※店内の絵画等の写真撮影はお控え下さい。 
2.八百源漬物店
帳箪笥、甕、壺(松代他)伊万里|長椅子(前田純一)
松本市北深志1-5-24|0263-35-8811|9:00?17:30|水曜定休
閲覧条件:どなたでも
3.かつ玄本店
旧制松本中学校(深志高校)の椅子
松本市大手4-9-7|0263-32-2430|11:30?14:30 ・17:00?21:00|無休
閲覧条件:「椅子」は店頭展示、店内は飲食をされた方 
4.松本ホテル花月
松本民芸家具|パンフレットや客室の板画絵など(柚木沙弥郎)|絵画(草間弥生)
「花月」の書(熊谷守一)|絵画(村田省三)
松本市大手4-8-9|0263-32-0114|7:00?10:00(ティールーム)|無休
閲覧条件: ホテルフロントにお声掛け下さい
6.レストラン鯛萬
松本市大手4-2-4|0263-32-0882|11:30?14:00・17:00?21:00|水曜定休
閲覧条件:ご利用をされた方 ※絵画等の写真撮影は不可
7.木曽屋
松本民芸家具|絵画|諸国民芸品
松本市大手4-6-26|0263-32-0528|11:30?14:30LO・17:00?20:00LO|火曜定休
閲覧条件:飲食をされた方
10.染織の三六
松本民芸家具
松本市中央2-3-18|0263-32-0036|10:00?18:00|水曜日定休
閲覧条件:どなたでも 
12.おきな堂
画(草間彌生)|鏡(明治キャラメル)
テーブル(小幡工芸・木曽天平堂夏目漆工房)
スピーカー(ジョーダンワッツ)|テーブル(泉家具工房)
子供椅子(二人組工作所)|メニュー、ショップカード(内田剛)
松本市中央2-4-10|0263-32-0975|期間中無休
平日・土曜日9:00?22:00(LO21:30)|日曜・祝日 9:00?18:00
13.カレーの店 デリー
型絵染め(三代澤本寿)|建物(黒漆喰造)
松本市中央2-4-13|0263-35-2408|11:00?15:00|水曜定休
閲覧条件: どなたでも
14.松本民芸家具
長野県松本市中央3-2-12|0263-33-5760|9:00?18:00|無休
閲覧条件:どなたでも
 ※(ペット同伴に方はゲージに入れられるなど、他のお客様のご迷惑にならないようご注意願います。)
15.まるも
松本民芸家具|建物(明治21年築 池田三四郎設計)
松本市中央3-3-10|0263-32-0115|8:00?18:00(17:30LO)|期間中無休
閲覧条件: 飲食をされた方
16.女鳥羽そば
看板(丸山太郎)|三重ねの壁看板(丸山太郎)|暖簾(三代澤本寿)
松本民芸家具|絵手紙(丸山太郎)
松本市中央3-4-8|0263-35-8502|11:00?19:00頃|定休・水曜日と第三火曜日
閲覧条件:飲食をされた方
18.開運堂本店
裸婦像(木内克)|絵画(木村忠太)|長椅子(松本民芸家具)
松本市中央2-2-15|0263-32-0506|9:00?18:00|期間中無休
閲覧条件: どなたでも ※建物内の絵画等の撮影はお控え下さい。
19.村山人形店
暖簾(三代澤本寿)|家具(小幡家具) 
松本市中央2-5-32|0263-32-1770|9:30?18:30|不定休
閲覧条件: どなたでも
21.とんかつ&カレー たくま
絵(型染「ノアの箱舟」柚ノ木沙弥郎)|メニュー(柚ノ木沙弥郎)
松本民芸家具|照明(飯野工房)
松本市中央1-4-3|0263-35-6434|11:00?21:00|月曜定休(祝日の場合営業)
閲覧条件: 飲食をされた方
25.民芸レストラン盛よし
ダイニングテーブル・ワイコムチェアー・ラッシスツール(松本民芸家具)
松本市深志2-2-21|0263-36-2903|11:30?15:00 17:30?21:00LO|火曜定休
閲覧条件: 飲食をされた方
 
【アノオミセノアノコウゲイ|現代の工芸】
5.開運堂大手門ショップ × 安藤寛泰(陶)|松本みすず細工復活プロジェクト(みすず細工)
松本市大手3-3-4|0263-87-7955|9:30?17:00|期間中無休
8.トラットリア松本画廊 × 小黒ちはる(陶)|米澤ほうき工房(松本箒)
松本市中央1-21-15松本市時計博物館1F |0263-33-6321|11:30-14:00LO・18:00-21:00LO
水曜定休(日曜夜は予約のある日のみ)

9.'k'not a knot・New Ordinary × 徳山久見子(陶)|みずのみさ(ガラス)

松本市中央2-3-15 1F西|0263-38-1271 |11:00?20:00(日曜日11:00?19:30)|水曜定休

11.fennel gallery(村山人形店 別会場) × intermaker(家具)
松本市中央2丁目4-15|0263-31-0031
※この会場のみ展示日が右記となります。5月29日?6月1日|10:00?18:00
17.メンズショップ コメジ × 田中瑞絵(陶) 
松本市中央2丁目2-10|0263-32-2433|10:00?19:00|不定休
18.開運堂本店 × 水野幸一(陶)|宮木英至(陶)|前田大作(木)
松本市中央2-2-15|0263-32-0506|9:00?18:00|期間中無休
※建物内の絵画等の撮影はお控え下さい。
19.村山人形店 × 大月俊幸(織)|久保原由佳理(織)|水野正幸(陶)
松本市中央2-5-32|0263-32-1770|9:30?18:30|不定休
20.CASTLE ROCK × 千葉直樹(金属)

松本市中央2-6-9 |0263-87-3626 |12:00〜20:00|水曜定休

22.信州蜂蜜本舗 × studio prepa(ガラス)

松本市中央1-8-6|0263-32-2608|10:00?18:30|水曜定休
23.ANOTHER LOUNGE × 市川岳人(木工)
松本市中央1-8-2-1F |0263-35-7218|11:00−20:00 |無休
24.ジュエリーサロン鶴 × 白石陽一(陶) 
松本市中央2-1-9|0263-36-8700|10:30?19:00|水曜定休
 
 
■アノオミセノアノコウゲイおさんぽツアー 5/29 14:00?16:00 
工芸との関係が色濃い、松本のお店。
3つの老舗で工芸にまつわるお話を聞きながら
松本市公認ボランティアガイドと街歩きを楽しむ
アノオミセノアノコウゲイ展のオプショナルツアーです。
 
公認ボランティアガイドさんの案内で、松本民芸家具、女鳥羽そば、
レストラン鯛萬を徒歩で巡ります。集合は開運堂本店前です。
※参加には申込が必要です。参加費500円(保険料込)。
 
 
■crafted kiosk
市内中心部、本町商店街の歩道上で、松本市「外」から
集まった作り手を御紹介。陶芸、木工、金属、
ガラス各分野の作家11名がcrafted=巧みに作られた
kiosk=小さな店を連ねます。作品との笑顔溢れる出会いが
みなさまをお待ちしています。
 
千葉直樹(金属) |市川岳人(木工)| 安藤寛泰(陶)|徳山久見子(陶)
白石陽一(陶)|田中瑞絵(陶)|小黒ちはる(陶)| 宮木英至(陶) 

水野正幸(陶) |水野幸一(陶)|studio prepa(平勝久&平瑞穂 ガラス)

ヨコイツトム(ブースデザイン)・林友ハウス工業株式会社(信州カラマツ材加工)
 
 
 
商店と工芸とは、松本の老舗や若い商店主、作家たちが
協力して「工芸の町 松本」の魅力を伝えるイベントです。
 
参加店舗などの詳細は「商店と工芸2015 公式Map」 または
「商店と工芸Facebookページ」でご確認ください。
 
 
オプショナルツアーのお申込みや各種ご質問など
村山人形店( ?0263-32-1770)までお気軽にお問い合わせください。
 
共催:商店と工芸実行委員会 松本市本町商店街振興組合|後援:松本市
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本町商店街 市民祭 開催のお知らせ。

 

2014/11/3 mon

 

おはようございます。

本日の 本町商店街 市民祭は、開催いたします。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

H26年「あなたの文字・・」決まりました!

 

2014/10/22 wed

 

こんにちは。

先日募集いたしました書道ガールズの「あなたの文字募集します!」ですが・・・

決まりましたー!

ご応募いただいた皆さま!ありがとうございます!

おかげさまで今年も素敵な文字に決まりました。

でも、まだ内緒です。 うふ。

書 母2.JPG

(↑これは昨年の様子です。)

 

選ばれた方にはご連絡済みです。

お忙しいようで、当日来られるかはまだ未定なのですが。

(是非お願いしたいなー。男性で当日ご参加いただいた方はまだいらっs・・あわわ、

まだ内緒だった。)

 

今年は少し宣伝が足りなかったのか、応募数が少なめでしたが、決まった文字は

イイ!ですよ。

たぶん沢山ご応募が来ていても残ったと思います。

そのくらい今年にぴったりな「文字」です。

 

(そうだ!)

ここでちょっとおさらいしてみましょう。

H24年は「恵風」「凛」

H25年は「愛城」「母」

でした。

せっかくなので、これらの文字に込められた想いも載せちゃいます。

 

で、これがですね、深いんですよ・・。 もー。。

涙腺が弱い方は、ハンカチもしくはティッシュの鼻栓をご準備くださいまし。

では行きます。

 

―H24年―

<恵風>

『この文字は数年前友人の結婚式に送った文字です。

いまでは文字通り風に恵まれた家庭を築き、息子さん、友人等に

囲まれて幸せな日々を送られています。

また、私は岡谷市の人間ですが松本の皆さんには

日頃大変お世話になっており、松本の祭りや行事に暖かく参加させて

いただいてもおります。

松本市は今もとても素敵な街ですが、先に書いた友人夫婦のように

さらに良い風に恵まれるような街になって欲しいなと思い

この文字を応募しようと思いました。』

 

<凛>

『山紫水明 松本市の西、アルプス連峰は 四季折々に凛としてそびえている。

特に雪をいただくと更に良い。

その足元にそびえる天守閣 松本城は 凛として建って 我々市民に存在感を

与えて呉れる。

一文字は 「凛」 かけがえのない市民の心であり 誇りである。』

 

―H25年―

<愛城>

『蟻ヶ崎高校時代、学校の帰りには必ず遠回りしながら眺めて帰りました。

スギヤのキャンディーを10本も食べ、口が冷たく固まってしまったこともあり、

いっぱい青春と愛を感じます。

孫も毎日連れて行き ”愛情と愛する城” をミックスしました。』

 

<母>

『高校生の皆さんに書いていただきたい字は、「母」。

わが母は95才。元気でおりますが、だいぶ物忘れが進んできています。

歌を詠むこと、書道を習ったこと、旅行をしたこと、―――など、ほとんど忘れてしまいました。

”人間はこうして年を重ねて、一生を送っていくのだなァ”と母を見て思います。

若い皆さん!!どうか、老母にパフォーマンスで元気を下さい。』

 

(漢字など、頂いた文章どおり忠実になぞっております。)

 

 

 いいでしょーー!

あ、スミマセン、主観まみれでモノ言ってます。

 

「はんかち?どこに使うん?」

って方に言わせてください。

ながーく生きていれば、涙腺がたるんで・・ぢゃなかった・・

涙腺はゆるむものなのですよ。

はい。そゆことです。

 

 

えーっと・・・

 

では、おさらいもしたことですし、今年の市民祭は本町にいらしてくださいね。

そして、書道ガールズの書ータイム♪ 楽しんでください。

 

そだ、今年の文字は、がんばれーって感じです。

もぅ、早く言いたくてしょうがないお年頃です。

 

それでは。

 

 

 

 

[ の ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H26市民祭「あなたの文字募集!」

 

2014/10/4 sat

 こんにちは。

今年も金木犀が香ってきました。

市民祭の季節ですね。

 

 そして、松本本町では恒例となりました蟻ヶ崎高校書道部「書道ガールズのパフォーマンス」

今年も、可愛く元気な少女たちが 「♪It´s書ーtime♪」 を魅せに来てくれます。

 で、またまたこちらも恒例となりつつある「あなたの文字募集します!」です。

 

 

あなたの文字募集します2014.jpg

 PDFはこちら→あなたの文字募集します2014.pdf

 

 「あなたの文字募集します!」

 本町商店街では、平成26年11月3日(月)の「まつもと市民祭 松本まつり」において、

本町通り路上で行われる、蟻ヶ崎高校書道部 書道ガールズによる書道パフォーマンスでの「文字」を募集いたします。

*選ばれた方には、当日書道パフォーマンスにちょこっと参加していただきます。

 

<募集要綱>

1.書道ガールズに書いてほしい「文字」 *2文字まで

2.「文字にしたためた想い」

上記1.2と、住所・氏名・お電話番号を明記の上、ハガキもしくはE-mailにてご応募ください。

 

<応募先>

〒390-0811 松本市中央1-21-15

松本市本町商店街振興組合

E-mail honmachi@matsumotohonmachi.com

 

<締切>

平成26年10月16日(木) 必着

 

 

 

 昨年も、素敵な想いのこもった文字を多数ご応募いただきました。(ありがとうございました。)

今年も皆さまの想い、お待ちしております。

 

 泣けるような「想い」だけが素敵なのではありませんよ。

おもしろい!楽しい!想いも、どしどしご応募ください!お待ちしております!

(うむ。なんでもアリなのです。)

 

 

 

 

 

 

[ の ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五月の宵祭 予告その1。

 

2014/5/10 SAT 

こんにちは。

ほんと気持ちの良い季節ですね。

松本市内はハナミズキのピンクと白で華やかです。

五月の宵祭 七輪焼き.JPG

さて、今回は七輪陶芸ユニット「7Rinz」によるワークショップのご紹介です。

これは、七輪で盃を焼き、作ったばかりの盃で「ま、ま、一杯。」「おっととと、かたじけない。」「さ、スルメでもどうぞ。」「これは結構な肴ですな。」とか、大人なやり取りをしようじゃないですか。という、わーくしょっぷ。

(・・・妄想会話のとこはスルーで。)

 

ただ、ちょっと疑問が湧きませんか?

私は『この短時間で焼けるのか?冷ますことができるのか??』って思いました。

はい、素人考えです。

しかーし、心配には及びません。それはそれは玄人の仕事ですから、お任せで大丈夫。

おひとり10分程度で仕上がるように準備万端で来てくれるそうです。

なので当日は、釉薬をつけて、七輪で焼いて、急冷する!だけだそうです。

で、おひとり1,500円

盃1杯の日本酒と、七輪で焼いたおつまみが付きます。

まー!なんてOGK! (←お手頃価格。メットじゃないです。)

 

日本酒は本町のお酒、深志鶴です。

樽で振る舞いますので雰囲気ありですよー。

おつまみは、7Rinzの皆さんが見繕ってくれるそうです。

何がでるかはお楽しみ♪

 

 

おちょこ1杯だけでは足りませんから、そんな時には夜店のメニューをのぞいてくださいね。

日本酒、ビール、ワイン・・・きっと気に入るお酒が見つかると思います。(あ、思うだけです。)

もちろんジュースなどもありますよ。

 

にしても、、、7Rinz。

なにやら楽しげなお名前ですよね。

水野幸一さんを中心とする7人の陶芸家さん達のユニットです。

昼間は、伊勢町通りの一番東側、呉服のいけだやさん前あたりで「あ、いいね」展をしていますので、そちらもどうぞ。

「あ、いいね」展は23金・24土・25日と、3日間ですので、じっくり楽しめます。

 

日程などは→こちらの記事 からどうぞ

 

 

 

次回は「五月の宵祭しつらえ制作実演」についてご紹介します。

・・・予定です。

 

 

[ の ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全て表示   1    2 

▲このページの先頭へ