お店ガイド

呉服のいけだや

2010.04.27   松本で浴衣といえば...いけだやさん ―竺仙本藍浴衣の巻

浴衣の定番といえば白地か紺地。
今日、ご紹介するのは竺仙の紺地ゆかた二点です。

        P1010513-竺仙_R

        P1010510-1_R.jpg

帯の色を合わせてコーディネートしてみました。
飽きの来ないオーソドックスな大人の浴衣です。
こんなペアルック?オソロ? 今の言葉遣いではなんと表現したらいいのでしょうか…
アラサー、アラフォーカップルにおすすめします。

2010.04.22   お下がりですけど...結城紬

寒い寒い… 春なのにこんなに寒くては、お客様の来店も少なくて…
こんな時こそブログの更新を!と思いパソコンに向かっていると、
6年生の娘が暇に任せてカメラを連写してくれました。
今日着ている着物は、いけだや大女将の30年前に作った結城紬のお下がりです。
その大胆な絣にピントがあっていたのでアップしてみました。
今となっては本当にに貴重品です。

         PPC_R.jpg

洗い張りをすればするほど、柔らかくなるので本当に着やすいです。
大女将によると、もう5、6回は仕立て直ししているかもしれないとのこと。
お値段のことを言うと、現在の6分の1くらいだったそうですが、
当時は清水舞台ダイビングで毎月お店に1万円づつ、売り掛け入金をしたそうです。
うちの娘にもいずれ着てもらいたいけど、洗い張りをすると身丈が短くなっていくので、
160センチくらいで止まってもらわないとね…
 

2010.04.16   男性用巾着 いけだやオリジナル

これは社長「主人」の提案なのですが…
お店にある古裂や古い羽裏を使って、男もの巾着を作ろう!と…
ヒモは絹交の5mm、コキ(ヒモを通す金具)は黒。
値段は3800円位で売れないかなぁ…
というわけで小物屋さんにも、仕立て屋さんにもボランティアして頂いて、
やっと10個出来上がりました。
利益、採算、手間を考えたら赤字ですが…。

        P巾着_R

生地代がほぼタダということで…
手放すのが惜しくなるくらいのいい出来栄えとなりました。
お客様には喜んで頂けるとは思います…。
最近本当に男性のお客様のご来店が多く、浴衣商戦が楽しみです。
 

2010.04.11   松本で浴衣といえば...いけだやさん『自分で浴衣を縫ってみませんか?教材用浴衣の巻』

みなさんは高校時代家庭科で浴衣を自分でぬいませんでしたか?
残念なことに、3月いっぱいで被服科のあった松本松南高校が、廃校となってしまいました。
30年前は女物ゆかた2反、男ものゆかた1反、ウールの着物と羽織を
250人の女子学生が高校3年間の家庭科の授業の中で縫った時代もあったそうです。
それほど和裁は嫁入り修行(?)には必須だったのかもしれません。

教材ゆかたを買うために放課後になると、当時は黒い制服の女学生をカラスの軍団と名づけ
当店の狭い店内を賑やかに占拠し、他のお客はびっくりなさったそうです。

           P教材ゆかた-1_R.jpg  

        P教材花火-1_R.jpg



最近は本染めですと高額になりますので、捺染の浴衣が教材用としては主流となってしまいました。
当店では縫いやすい生地、柄合わせが少ない、出来上がりのイメージのいいものをお薦めいたします。
お気軽にご相談下さい。
価格は頑張って一万円以内で良質なものを200反以上用意させていただいております。

今年の夏はご自分で浴衣を縫ってみませんか?
 

2010.04.06   サクラサクラの風呂敷

最近は卒業式で「蛍の光」や「仰げば尊し」を歌わないそうです。
6年生の娘に言わせると、蛍の光は地元のスーパーの閉店に流れる曲だそうで、
卒業ソングとしては、アンジェラ・アキ「手紙」、森山直太朗「さくら(独唱)」だそうです。
 

松本城の桜もほころび始め、いよいよ松本にも春の訪れです。

レーヨン49cm角の桜の小風呂敷をご紹介します。
専用スティックをつけるとタぺストリーにもなります。

        Pサクラ_R

風呂敷だけのお値段は800円です。
色は、赤と黒。紫は完売となりました。
 

全て表示   1    2 

お店ブログ

最近のエントリー

カテゴリー

月別アーカイブ

▲このページの先頭へ